ゴルフスイングの基本を見直して、悪いところを直していけば必ず90を切るシングルプレーヤになれます!

ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!

Posts Tagged ‘ スイング’

ボールの弾道の安定


左右どちらかにOBなどがあると、
“そちらに打たないように”と思いつつも
そちらに向かってボールが飛んでいってしまう・・・。



その原因となるのは、気持ちの問題もありますが、
スイングに大きな問題を抱えている場合があります。


確認してほしいのが、ダウンスイング時に後ろから見て、
クラブが寝てしまっていないかという点。


ほとんどの原因はここにあるといえます。


角度が悪いとスイングが過度の
インサイドアウト軌道となってしまい、
そのまま振りぬいてしまうと右にプッシュアウト。


右を嫌がると
今度は打つ直前に手元で変に調整してしまうために、
引っ掛けやすくなってしまいます。


プレッシャーに強かろうが弱かろうが、
ここ一番の曲がりを調整するには、
ダウンスイングでシャフトを寝かさないことです。

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月31日 コメント無し

ヘッドスピードを上げるコツ


当たり前ですが、ゴルフスイングで
ヘッドスピードをアップさせるには、
遠心力をうまく使う必要がありますね。


ヘッドスピードをアップさせる方法は
色々とありますが、初心者の方に見落としがちなのが、
ダウンスイングからインパクトの際に
手首をリリースする方向です。


遠心力をうまく利用するためには、
重心となるヘッドが出来るだけ遠くに無ければいけません。


インパクト時には肩から伸びる左腕とクラブからヘッドまでが
出来るだけ一直線である方が良いのです。


コツとして、スイング時に手首の小指側に
シワが出来ることを意識しましょう。


つまり、手首に出来るだけ
クラブの持ち手部分が近づくようにします。


これが意識できれば、
あなたのヘッドの走りが格段に良くなり、
より遠くへとボールを飛ばすことができますよ。

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月30日 コメント無し

左へのOBを打たないコツ


フッカーの人の多くは無意識に左を嫌がって
スイング時にヘッドを遅らせがちになります。


左に飛ばしたくないと言う気持ちはよく分かりますが、
実はこのスイングこそが大きな間違いなのです。


と、いうのもヘッドを遅らせるほど、インから煽る形となって
より一層ボールの弾道が左曲がりになり易くなるからです。


だから、フッカーの人は発想を逆転させる必要があります。


怖さを感じるかもしれませんが、
左曲がりの少ないフックを打ちたいならば、
出来るだけヘッドは遅らせないことを意識してください。



ダウンスイングから手元がインパクトの位置に戻った時には、
クラブのヘッドも同様にインパクトの位置にあるようにしましょう。


手元とヘッドが同時にインパクトの位置にあれば、
少なくともインから煽る形にならず、
弾道も大きく左に曲がることは防げます。



このことを気をつけてさえいれば、
左へのOBはもう怖くありません。

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月30日 コメント無し

右へのOBを打たないコツ


右に曲がってしまう人(スライサー)は、
右が怖いほどダウンスイング時に肩が早く開いてしまい、
アウトサイドイン軌道の度合いが強くなりがちです。


そのため、右肩の残しを意識する素振り練習をしましょう。


バックスイングから、トップまで上げたら、
その位置に右肩を残してダウン、フォローを行います。


右肩が残った状態が出来ていれば、
大きなスライス(右へ曲がる)が出ることはありません。

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月30日 コメント無し

スイング時の体重移動で飛距離アップ


ボールの飛距離を伸ばすには、身体全体でスイングすることで、
大きな力がクラブからボールに加わり、より遠くへと飛ばすことが
可能となります。


では、身体全体でスイングするには、どうすれば良いでしょうか?


その基本となるのが体重移動。

これがキチンと出来ていないと、
スイング時に力が乗らず飛距離も伸びません。



今日は、ちょっとした体重の乗せ方を
身に付けてもらいます。



基本は、昔野球で活躍をしていた王選手。
彼の打ち方である、一歩足打法です。


バックスイング時にからトップに来たときに、
左足を上げて、右足のみで立ちます。

これが当然右足に100%体重が乗った状態。


そして、左足を下ろしつつ、体重を今度は左足に
100%乗せてスイングします。


この体重移動の感覚を覚えてください。



この練習を繰り返すことで、身体が大きく動くようになるため、
変に力を入れることなく、クラブのヘッドスピードが向上し、
より遠くへ飛ばすスイングが出来るようになります。


初心者をはじめ、遠くへ飛ばない人の多くは、
この体重移動が出来ていないのが原因です。


トップに来たときは、左足にのみ体重が乗っていること。
これが飛距離アップのスイングのコツです。

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月30日 コメント無し

アドレスの見直しで飛距離アップ


ドライバーで遠くへ飛ばそうと思うと、
後方の足に体重が乗っている必要があります。


前4に対して、後ろ6くらいが理想です。


しかし、初心者になればなるほど、
ボールへのインパクトばかりを考えてしまい、
ボールを正面に見てしまう傾向がありますね。


このボールを正面にみてしまうことにより、
後ろ4、前6という逆転したスタンスとなり、
飛距離が伸びず悩まれている方が多いです。


立ち方が悪いと、バックスイングで
体重移動が出来なくなってしまいます。


遠くへボールを飛ばしたいのでしたら、
ボールを少し斜めに見る感じで立ちましょう。


そうすることにより、
自然に後ろ足に体重がのるようになります。


このとき、グリップで利き手が下になることから、
利き手側の肩が下がります。

これが自然な形なのです。



基本的なゴルフスイングを身に付けて、
ゴルフをエンジョイしましょう!

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月30日 コメント無し

ボールコントロールの向上


左手首は固定。


初心者で狙った方向にボールが飛ばないと嘆いている原因は、
<span>テイクバック時の左手首</span>です。


スイング軌道の安定が狙ったところに飛ばすコツ。


テイクバックのときにヘッドを正しく軌道に乗せて、
その軌道にできるだけ近づくようにダウンスイングを行えば、
嫌でもスイングに安定性が出るようになります。



重要なのは、<span>テイクバック時に腰の位置まで
左手首の角度を固定(ノーコック)しておくこと</span>。


初心者の多くはテイクバックで手首をひねるため、
クラブをインサイドに引きすぎてしまいがちです。


手首を固定することで、身体の回転で
まっすぐ引けるようになりますよ。




基本的なスイングを身に付けて、
ゴルフをエンジョイしましょう!

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月30日 コメント無し

ドライバーでの腕のローテーション


スイングは左右対称に。


基本に忠実なゴルフスイングとは、
“左右対称”に振ることがポイントです。


バックスイングでは、左腕が曲がり、
インパクト以降の振り抜きでは
右腕が曲がっていることが大切。


これに気をつければ、
トップで右脇が開いたり、フォローで左肘が引ける
というミスがなくなりますよ。


特に初心者はスイング中に脇が甘くなり、
それが原因でスイングが乱れてしまいます。


左右対称となるスイングをきちんと身に付けられれば、
ボールが大きく曲がるなんていう悩みもなくなります。



基本的なスイングを身に付けて、
ゴルフをエンジョイしましょう!

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月30日 コメント無し

ドライバーで飛ばすためには


飛ばすスイングに力は不必要です。


力めば力むほど身体が硬くなり、
飛ばすスイングではなくなります。


飛ばすスイングのポイントは「遠心力」を最大限に生かしきること。
そのためにも腕の関節をしなやかに使う必要が出てきます。


インパクトの項でもお話しましたが、
スイングのポイントは左肘。



柔らかく使うことで、同時に身体も素直に
かつ綺麗に動かすことに繋がり、
遠くへ飛ばすスイングを行うことが出来ます。


綺麗なスイングが出来ているかどうかのポイントは、
遠心力を生かして、大きく振りぬいた後に、
バランスを崩さずに立っていられるかどうか。


ここがポイントです。



基本的なスイングを身に付けて、
ゴルフをエンジョイしましょう!

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月30日 コメント無し

ドライバーのインパクト


ご存知ですか?

野球の強打者はボールを打つのではなく、
ボールを運ぶと言われているのを。


これは、ゴルフスイングでも同様にいえることです。


初心者は、遠くに飛ばすにはインパクトを強くしなければいけない
と考えるため、とにかく当てに行くまでを強調します。


しかし、本当に大きく飛ばすにはインパクトではなく、
フォローで運ぶイメージを持つことが大切です。

これはプロ・アマ問わず共通のコツですよ。



基本的なスイングを身に付けて、
ゴルフをエンジョイしましょう!

投稿者 : mackygolf ドライバーの基本 2013年12月30日 コメント無し