ゴルフスイングの基本を見直して、悪いところを直していけば必ず90を切るシングルプレーヤになれます!

ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!

Posts Tagged ‘ 練習’

巨大マレットを使いこなす練習


グリーンで仲間が取り出したパター・・

「え・・・?なんじゃそのデカイのは~~~!?」
!Σ( ̄口 ̄;;


という経験は、最近では結構ありますかね。



初め見たときは、びっくりしたものです。
何かを計測でもする新しい機材なのかなって。



最近ではアマチュアのみならず、
プロの間でもこのようなヘッドが大きな
マレット型パターが人気ですね。


このマレット型パターは、
これまであったピン型パターとは見た目だけでなく、
その構造も大きく異なります。


ピン型パターに比べ、巨大マレットは
重心位置が常に深く、そしてシャフト延長線上に
スイートスポットが存在します。


スイートエリアが広いために、
ミスショットに強いのが特長です。


ですが、その反面、テイクバックでフェースを開くと
インパクトでフェースをスクエアに戻しにくいという
デメリットもあります。


そのため、この巨大マレット型パターを使う場合は
フェースの開閉を抑えて、まっすぐにストロークした方が
距離感や方向性が安定します。



深重心設計の巨大マレットは
使用するうえで扱いやすいイメージがありますが
その性能を完全に引き出すにはフェースの向きにこだわって
ストロークすることが必須となります。


では、この巨大マレット型パターを
上手に開閉を最小限に抑えてストロークするには、
どうすれば良いのかについて、解説しますね。


まず、テイクバックでは、フェースを徐々に下に向けて、
ヘッド後方を持ち上げるようにイメージしましょう。


幼い頃に遊んだブランコのように、
ヘッドを動かすと、フェースの向きを変えずに
まっすぐの軌道でテイクバック出来るようになります。


一方、フェースを平行移動させる感じで
テイクバックしようとすると、手先が動きすぎて、
逆に軌道が不安定になりがちですので注意です。


テイクバックでフェースを下に向けるコツは、
肩を縦に回転させることです。


始動と共に左肩を下げて、
ヘッドを後方を持ち上げる感じが掴めれば大丈夫。


ヘッドをまっすぐ動かしつつ、フェースを下に向けて
テイクバックできるようになっているはずです。



テイクバックが上達したら、
次はダウンスイングからフォローです。


ダウンスイングのあとは、
テイクバックで下げた左肩を引き上げて、
ヘッドを動かすようにします。


その際に、テイクバックとは逆に
ヘッドのおしりを下げてフェース面を上にむけていきましょう。


フェースを縦に回転させるように心がけると、
フェースの開閉が抑えられて、
方向性やミート率の良いパットが打てるようになりますよ。


ダウン以降、左肩を引き上げるのに気を付けたいのが、
グリップエンドの動きです。


グリップエンドを少し持ち上げる感じでストロークすると、
手先が余計な動きをしないで済むはずですよ。

投稿者 : mackygolf パットの基本 2014年1月2日 コメント無し

高速グリーンの攻略のコツ


経験上、この距離なら力加減はこのくらいか・・・


コン・・・、
コロコロ~~~!!!!!


!Σ( ̄口 ̄;; えええええ~~~!!!



しっかりと打つと転がりすぎてしまい、
かと言って弱めに打てば届かない。



こういう高速グリーンを攻略するうえで、
まず確認したいのが手首の使い方です。



ダウンスイングでヘッドを遅らせて、
インパクトからフォローに掛けて
手首を使ってヘッドを走らせる打ち方は、
高速グリーンを攻略するうえで、適していません。


インパクトゾーンでヘッドにボールが強くヒットして、
良い感じで打つと転がりすぎてしまうからです。



遅いグリーンは手首を過度に使ったほうが、
距離感を出しやすいですが、速いグリーンでは、
手首を使うほどに転がり過ぎに意識がいってしまい、
インパクトゾーンで余計なことをしてしまうのです。


この余計なことが距離感を狂わせる原因です。



手首の余計な動きを封じるには、
パターではなく棚板などを使って、
ストローク練習するとよいでしょう。


クラブよりも板状のモノのほうが、
手首を使わないでボールを打つ感覚を養えるからです。


方法として、棚板の両端をつかんだら、
いつものようにパットを打つ感じでアドレスを決めます。


ボールは棚板の左縁にセットして、
そこからボールを打つつもりで棚板を左右に動かします。


両手を広げて構えると、手首が余計な動きをしません。
また、棚板は重さもあるため、手先だけで動かせませんね。


体全体を使って、棚板を左右に動かして
板の縁でボールを打ちます。


棚板の重さを利用することで、
手首を使いすぎない感覚を短時間で養えますよ。


この練習により、テイクバック軌道の良し悪しも
同時に確認することができます。



テイクバックで気を付けたいのが、
始動直後の軌道です。


板をねじってインサイドに引いたり、
真っ直ぐ引くのを誤解して
アウトサイドに板を引かないように気をつけましょう。


狙ったライン(飛球線)に対して、
板をまっすぐ後ろに引きます。



この感じがつかめたら、
パターに持ち替えてストローク練習をします。


この繰り返しを実践することで、
テイクバックの軌道が格段に良くなって、
ミスパットの減少に繋がりますよ。

投稿者 : mackygolf パットの基本 2014年1月2日 コメント無し

パットの距離を見極めるコツ


カップまでの距離からして、
このくらいの力加減で打てば間違いなく・・・

入る!!!!



コン・・・、ころころ・・・


「おい、止まれ、止まれ!!!!(;>_<)」



今度こそ・・・

「なんでそこで止まるんだ!!!!(;>_<)」



自分ではうまく打てたつもりなのに、
ボールの転がりが悪くて距離感が・・・


こういう経験があるのなら、
パットでのボールの捉え方を見直しましょう。



パットの転がりは、
インパクトの際のロフト角で決まります。


ハンドファーストの状態で、
ボールをつぶして打つのは最悪の状態です。


ロフトが減るので、ボールは地面に向かって打ち出され、
飛び跳ねてしまうからです。



多くの方が気づいていないのですが、
パットもロフトを有効に使ったほうが、
転がりが良くなり、カップまでの距離感が安定します。



グリーン上のボールは芝に浮いているように見えますが、
実は、ボール自体の重さで沈んでいるのです。


転がりの良いパットを打つには、
パターのロフトを利用して
ボールを僅かに浮かせるのがポイントです。



打つ時にロフトを減らさないようにするには、
アドレス時にロフトを減らさないこと。


それにはロフトの角度に気をつけることです。


地面と垂直にシャフトをセットして構えると
パターのロフトを有効に使っていけますよ。


その為、ボールを右足寄りにセットしたり、
ボールの位置よりも手元が前に出た
ハンドファーストの構えを作るのは絶対にダメ。


アドレス時にロフトが減ることになってしまうし、
こんな状態では、手首を上手に利用しなければ、
ロフトをうまく使えませんからね。


ボールの位置は、両足中央より、やや左にします。
左右均等の体重で構えたら、左目の真下くらいに
ボールをセットします。


これでシャフトを地面に対して、
垂直にセットしやすくなるはずです。


パターのロフトは3~4度くらい。
このロフトを維持して構えることで、
ボールの良い転がりを生むことが出来ます。



ストロークにおいては、手や腕を動かさずに
肩の動きでパターを扱いましょう。


肩を上下に動かすことでパターを動かせば、
ストローク中に自分に対して
シャフトの角度も変わりにくくなります。


パターを肩の動きで動かすコツは、
テイクバックで左肩を下げ、
ダウン以降は下げた左肩を引き上げることです。

投稿者 : mackygolf パットの基本 2014年1月2日 コメント無し

下りのパット上達のコツ


下りのパットって、うまく出来ます?


私はかなり苦手でした。
上りのパットなら距離が合うにも関わらず、
下りのパットだと足りないか、行き過ぎるか。


もし、あなたもそのような経験・悩みがあるなら、
一度グリップの緩みを確認してみてください。



と、いうのもインパクトが緩んだら
下りのパットが決まる確率がガクンと下がります。


その理由として、インパクトが緩むほどに
手首に余計な動きが発生してしまい、
打点がブレやすくなるからです。


また、手首を使ってしまうことでヘッドだけを動かすこととなり、
インパクトでフェースがかぶって
引っ掛けのミスを誘発しやすくなります。


下りのパットは、優しく打っても成功しません。


下りでも距離感をしっかりと合わせるには、
手首を極力使わないストロークが必要不可欠となります。


では、手首を極力使わないストロークを身につけるには
どのような練習が良いのか?



気をつける点は2つ。

ひとつめは、テイクバックからフォローまで、
グリップをしっかりと握っておくことです。


この握りの力加減を一定に保つことで、
手首の動きを制限することが可能となります。


そして、もうひとつは
パター全体を動かすことを強く意識すること。


ヘッドとシャフト、グリップが
同じスピードで動くように心がければ、
インパクトが緩むことなく手首の使いすぎも制御できます。


おすすめの練習法は、
パターの他にサンドウェッジを用意します。


そして、ヘッドを互い違いにしてグリップを決め、
その状態でストロークをします。

※グリップエンド側にサンドウェッジのヘッドがくるように
 2本まとめて持ちます。

 グリップエンド側を重くすると、
 パター全体を動かす感覚が掴みやすいはずです。


結果として、クラブの重心点が中央付近となって、
クラブ全体を動かすイメージを出しやすくなります。


パターだけに戻した時も、
クラブ全体を動かすように心がけることで、
手首をうまく固定できているはずです。



インパクトにおいて気を付けたいのが、
パターのロフトの角度の活かし方。


パターにもロフトが微小ながらついています。
(3~5度程度)


そのロフト通りに打つことで、
打ち出し直後にボールがほんの僅かに浮き、
強いオーバースピンが掛かるのを防ぐことができます。


これにより、ボールの転がり過ぎを防止でき、
下りのラインでもしっかりと打っていけるようになるでしょう。


コツとして、とにかくシャフトの角度を意識すること。


シャフトが地面と垂直になっていれば、
ロフトが増えたり減ったりすることはありません。


逆にハンドファースト(シャフトが左に傾いてしまう)なほど、
ロフトが立ってしまいます。


下りのパットでは絶対に
ハンドファーストの状態で打たないことを
覚えておきましょう。

投稿者 : mackygolf パットの基本 2014年1月1日 コメント無し

短い距離のパットを決める


カップまで残り1m。
ほぼ歩く一歩程度の距離。


そんな短い距離だからこそ緊張してうまく打てない。


おかしい、家や練習場では入ったのに、
なんで本番では入らないんだよっ!


そんな人はメンタルの弱さが原因!!!

と、言いたいところですが、
それでは話が終わってしまうので技術的なお話をします。



短いパットを外してしまう原因はいくつもありますが、
引っ掛けに悩む人に共通していることがあります。


それが、頭と体のスウェー。



カップに入れたいという気持ちが強ければ強いほど、
結果を急いでしまい頭と体がカップの方へスウェーしてしまいます。


頭と体が左にスウェーすればするほど、
肩の開きが早くなって
左に引っ張り込む打ち方になってしまいます。


パターに限らず、ボールを撃ち出す方向は
肩の向きで決まります。


引っ掛けをしないためにも、
頭と体が左にスウェーしない動きにしなければいけません。



それを防止するためのコツは、ストローク中に
頭を動かさないことよりも
カウンターバランスを意識するのが良いでしょう。



テイクバックでもフォローでも、
頭とパターヘッドが逆方向に動いて
お互いがお互いを引っ張り合っている状態を作るのです。



これで左へのスウェーをすぐに矯正できるはずです。



カウンターバランスがわからないという人は、
下記の練習方法で体に覚えさせてください。


まず、ボールが詰まっているダース箱を用意し、
それを床においたら、ボールに見立ててアドレスを決めましょう。


テイクバックは行わずに、
フォローだけでダース箱を動かすようにしてみてください。



頭を右に動かした反動を利用して、フォローを取る。


この時に頭とパターヘッドが逆に動けば、
体は左にスウェーすることはありません。


肩を開かないでフォローを取ることができるようになります。



パットをうまく打つためには、
手と腕をできるだけ動かさないようにすることも
重要なポイントです。



手と腕はパターを持つために使い、
あとは左肩が上下に動くことで
手と腕、そしてパターを動かすようにしましょう。


この動きを身に付けられれば、
パットの方向性が格段に良くなるだけでなく、
精神的にプレッシャーがかかった場合でもミスが無くなりますよ。

投稿者 : mackygolf パットの基本 2014年1月1日 コメント無し

効果的な自宅練習法


調子よくグリーンまではいけた!
さぁ、カップインまではあと少し・・・。


・・・あと少し。

・・うん、もう少し。


だぁぁ~~~!なんで入らないんだよっ!



せっかくの楽しいゴルフがストレスへと変わる瞬間です。
情けでOKを貰っても、それはそれで悲しいものがありますしね。


だから、自宅でもできるパットの練習は本当に大切です。
今回はパットの自宅練習のコツを一緒に学んでいきましょう。



通常のスイングからのショット同様、
パットにおいてもうまく打つには構えが重要です。


構えが悪いと、ストロークが不安定になったり、
方向性が定まらなくなります。


ボールコントロールを向上させるには、
ボールの位置が非常に重要となります。


パットを打つ場合、左目の下にボールをセットするのが基本です。


一度ためしてみるとわかると思いますが、
左目の真下にボールがあると、目とボールの関係が適正となり、
テイクバックでヘッドを真っ直ぐに引きやすくなります。


目の位置をチェックする方法は簡単です。
ボールが2つあれば出来ます。


一つはアドレスの位置にセットをして、
もう一つを左手に持ち左目の下に持ってきます。



左手のボールから手を離し、そのまま自由落下させ、
セットしたボールに当たれば目の位置が正しいことが判ります。


2つのボールがぶつからなければ、
目の位置がズレていますので、何度も調整をしてみて
正しい位置を見つけるようにしましょう。



アドレスの位置がわかったら、
続いてヘッドの軌道のチェックをします。


ボールを真っ直ぐに転がしてやるためにも、
パターはできるだけ地面と平行して動かしてやる必要があります。


その感じを掴むには、サンドウェッジを使う方法があります。


パターのようにグリップを決めたらソールを少し浮かせて、
リーディングエッジがボールの赤道付近にくるようにセットします。


それが決まれば、
あとはリーディングエッジでボールを打って
転がすようにしてみましょう。


ヘッドの多少のズレで
フェースにボールが乗って浮いてしまうため、
やってみると意外と難しいです。


完全にトップをさせて転がすように心がけると、
ヘッドを低く長く動かす感覚が掴めてきますよ。


あとは、これらの繰り返しを行い、
しっかりと身に付けて本番に望みましょう。


ワンポイントアドバイスですが、
ややインサイドアウト気味に打つことでヘッドの軌道が安定し、
ボールの方向性が格段に良くなりますよ。


それにボールの転がりもスムーズになるはずです。

投稿者 : mackygolf パットの基本 2014年1月1日 コメント無し