まっきーのプロフィール

初めまして、まっきーこと牧野真士(まきのまさし)と申します。

僕は現在、千葉県浦安市に住み、毎日嫁と息子の三人で
ディズニーリゾートを散歩することが日課となっています。

帰宅後は、気が向けばトレーニングに汗を流したり、
息子と昼寝をしたり、買い物をしたり・・・

そんな自由気ままな日々を過ごしながら、
パソコン1台でビジネスを展開しています。

僕の出身は愛知県名古屋市で、
昭和54年10月24日生まれ。
今年39歳になります。

趣味は身体を動かすことで、
主に武道専門。
(一応、琉球空手の師範代の資格を持っています)

武道をやっているとはいえ、
性格はいたって温厚。

というと聞こえは良いですが、
どちらかといえば臆病な性格

過去の僕は真ん丸く太っていたのですが、
高校時代に陸上部を始めたことがきっかけで、
運動に目覚めました。

元々、運動が好きだったわけではなく、
陸上部に入ったきっかけというのも、
身体が大きかったことからラグビー部の怖い先輩達から受けた
熱烈な入部勧誘から逃れるためだったりします。

今思い出しても、あの時は本当に怖かった・・。

ちなみに陸上部を選んだ理由は
幼馴染の女の子がマネージャーとして在籍していたからです。

加えて、現在の妻がその時のマネージャーと言う訳でもありませんし、
彼女との恋愛ストーリーは一切ありませんのでご了承下さい(笑)

話を戻して・・・

真ん丸いおデブちゃんの僕は、
陸上部で簡単そうに見えた砲丸投げを選択したのですが、
意外とトレーニングが厳しく、
結果として身体を鍛え始める事になった訳です。

あれが無ければ、今頃は間違いなく
メタボリックシンドロームの一人でした。

そして、健康を手に入れた僕はその後、
浪人することなく無事に大学に進んだワケですが、
ある日テレビでK-1を見る事がありました。

気の弱かった僕は、ここで強さに憧れを持ち
空手を始めたワケです。

我ながら単純です。

だからといって、大学で何か目立った活躍をした訳ではなく、
何事もなく無事大学を卒業します。

しかし、ここからが人生の下り坂の始まりでした。

その後、転職を3回ほど繰り返すことになります。

まず、大学卒業後、
東京でシステムエンジニアとして、
一部上場の企業へ就職しました。

しかし、頭があまり良くないことに加え、
僕の性にも合わなかったのでしょう、
細かなプログラムがさっぱり理解出来ませんでした。

であるにも関わらず、
いきなりリーダーを任されてしまったからもう大変。

任された部門が社内でも異質の分野だったせいもあり、
上司・先輩の助けももらえず、失敗しては客先では叱られてばかり。

挙げ句に部長以下、役職者を客先で恥をかかせてしまう始末

結果、一回目の転職を決意。

今思えばバカです、僕。
『一部上場』と言う響きに完全に踊らされ、
しっかりとした企業リサーチが出来ていませんでした。

そして、次に就職した先が
神奈川県の某水道清掃屋さん。

毎朝5時起きで、帰りも遅い。

仕事内容も詐欺まがいの営業ばかりのせいか、
先輩社員は皆どこかおかしい・・・。

自分自身もおかしくなりそうな危機感を感じ、
試用期間の2週間を終えたと同時に、
2回目の転職を決意。

実は、転職前に親父から
「水周りの仕事は詐欺が多いぞ」って
アドバイスを受けていたりしました。

「親父、バカな息子でゴメン・・・。」

言葉には出しませんでしたが、
腹の底で初めて親父に本気で謝罪しました。

次に勤めたのは同じく神奈川県の小さな通信会社。

トップセールスマンだった経歴を持つ社長の下で、
営業技術を学ぶことに。

しかし、どんなに教えてもらったところで
いつまで経っても営業成績はゼロ続き

訪問しても名刺交換すらまともに出来ず、
結果、社内のシステム側の人間として働くことになるのですが、
ここで初めてホームページの作り方を身に付けました。

そして、【アフィリエイト】【転売(せどり)】という
ネットビジネスがある事を知ります。

ホームページを作成するようになって、
僅かながらに会社に利益を出し始められるようになったものの、
会社全体の営業成績は衰退を続けていき、
気が付けば社内に残っていたのは社長と僕だけ

会社継続の為にと、
給料の先延ばしばかりでなく、
会社にお金を貸したりもしました。

頼まれるとNOと言えない
お人好し、ここに極まれり!
って奴ですか。

社会、舐めきってました、僕・・・。

そして、一年後、会社は倒産しました。

当然ながら、会社にお金は無く、
先延ばししていた給料は貰えず、
貸したお金も戻っては来ませんでした。

総額にすると300万円はゆうに越えています。
貯金の残高もほとんどありません。

社会の厳しさを学ぶ勉強代として、
当時20代の身には、かなりの負担です。

あぁ、そういえば、会社が倒産した際、
未払い給料や、借金の返済の代わりにと
僕は会社の業務の一部を貰いました。

言うまでもありませんが、
倒産した会社の業務を貰ったところで、
当然お金に変わるワケがありません。

そもそも、そんな知識や経営力があれば、
倒産になる前に何とかしています。

「牧野君が頑張れば、膨大なお金になるよ」

そんな社長の言葉を信じ、引き継いだ業務。

金にならない絵空事に
300万円を投げ捨てたんですから。

本っ当に僕ってバカです。

挙げ句、その業務を約半年ほども
何の工夫もせずに一人で続けてたんだから、
救いようがありません。

本当に、バカです。。

結果、日々、不安との戦い。
夜もまともに眠れず、
急に泣き叫びたくなる日もありました。

実際、真夜中に急に不安になり、
布団から飛び出しパソコンを起動させたものの、
何をしてよいかも分からず、
ただただモニターを前に嗚咽を上げた時もありました。

不思議と声は出ず、涙ばかりが出て、
吐き気なのか何なのか判りませんが、
何かが喉の奥深くから湧き上がってくるんです。

「う~、う~」って。

あ~、これがキチガイってやつなのかな・・・

あとから落ち着いて考えた結果です。

お人好しのバカな上に、
危険な人間への道を進み始めてました。

人間が【壊れる】ってのは、
こういう事なんでしょうね。

その後、一人ではどうすることも出来なくなり、
地元の愛知県名古屋市に戻り、
実家から最低限の援助をしてもらいながら、
ビル管理会社に勤めることになりました。

安月給でしたが、無いよりはマシ・・・。
そう考えての就職でした。

正直、固定給だけでは厳しかったので、
少しでも歩合を付けてもらうために、
人生で一番と言えるくらいに頑張りました。

システムエンジニアの頃に学んだ社内インフラの整備、
営業会社で学んだ好かれる話し方と懐柔術・・・

自分でも信じられませんが気がつけば、
並み居る上司を抑えて売上1位を獲っていました。

社内でも頼られる存在となり、
このまま出世していくのは誰もが疑うことはありませんでした。

しかし、あることを機会に歯車が狂い始めます。

売上1位を獲ったということは、
それだけの案件をこなしている訳で、
他の社員よりも作業時間に余裕がありません

特にその時は、本部長が受けたクレーム案件の対応中で、
いつも以上に慎重に作業をこなしていた為に、
社長からの飲みの誘いを断ってしまったのです。

部下から「ノー」と言われることが許せない社長だったために、
その後は何かと理由を付けてはダメ社員として扱われ、
歩合もボーナスも一気に下げられました。

結果、出世の見込みが消え失せただけでなく、
日々の生活にも支障をきたし始めました。

社内でも特にクレームが多い顧客や、
扱いの難しい顧客を任されていた上に
生活にまでストレスを感じるようになると、
まともな精神を保ち続けるのは難しいものですね。

ある日、まともに靴すらも履けなくなりました。

本人は履いた気でいたのですが、
帰宅するまで靴がおかしかったことに
気が付きませんでした。

しかも、その状態で客先を回っていたのだから、
本当にありえません。

大した給料がもらえないにも関わらず、
誰よりも多い量の仕事をこなさなければいけない上に、
まともに生活が出来なくなってきている。

公私共に楽しいと思える時間が全く無くなりました。

こうなると人間弱いですね。
あることだけを考えるようになります。

【自殺】です。

ちょっと話は逸れますが、
「生きていれば必ず良いことあるから死んじゃダメだよ」
って良くドラマとかで言うじゃないですか。

あれって、本気で自殺を考えている人に言っても
全く意味ありませんよ。

というのも、自殺しようとしている人って、
【自殺すること】以外、何も考えていないですから。

他に何も考えていない以上、この先の人生に
良いことがあろうが無かろうが関係ないんです。

とにかく【無】になりたいんです。

結論から言うと、今、僕が生きていることからも分かるように、
中学時代からの友達のお陰で最悪な選択をする前に
留まることが出来ました。

これが前述した幼馴染の女の子だったら最高だったのですが、
あいにく悪友の一人(男)でした。

最後に親友だった彼の声を聞きたかったと思えたのが救いでした。

その後はさっさと会社を辞め、
小さいながらもネット環境が整っているアパートに引っ越し、
残り少ない貯金を元手に誰にも頼らず稼げるようになる努力をしました。

そう、ネットビジネスです。

まずは、その時に流行っていた
ブログアフィリエイトから始めました。

寝る時間も費やし、とにかく量産しまくった結果、
2ヶ月で会社勤めしていた頃の給料を越えることに成功しました。

しかし、簡単に成功する手法ほど長く通用するものでは無く、
3年もすると売上は下降して行きました。

「このままではいけない、何とかしなければ」

前向きに強く願えば機会は生まれるものですね。

偶然にもテレビにも多数出演されている
転売業界では超がつくほど有名な方と
知り合う機会を得ることが出来ました。

そこで、僕は彼を頼り、
稼いだ資金を元手に転売ビジネスの世界に飛び込みました。

日々、彼に連絡を取り、指導を受けることで、
すぐに成果を出すことに成功しました。

転売ってネットビジネスを始める上で、
最も敷居が低いと言われています。

事実、本当にちょっとしたコツを掴んだだけで、
3ヶ月で売上100万円を達成し、
さらにその3ヶ月後には200万円を達成しました。

今では、ほとんどパソコンの前に座ること無く、
月に300万~400万円の売上をキープ出来ています。

その後、時間とお金に余裕が出来た僕は妻と出会い、
意気投合し二人が好きなディズニーで結婚式を挙げ、
千葉県浦安市に引っ越してきた訳です。

過去、辛い思いを沢山してきましたが、
今、僕ははっきりと断言できます。

【最高に幸せな時間】を過ごしている・・・と。

過去の辛いことが夢であったかのように
不思議と穏やかな日々です。

ただ、1つ。

今だからこそ思える1つの不満があります。

それは、過去の僕と同じように
苦しんでいる人を救えていないということ。

今の世の中は理不尽な事が多くまかり通っています。

特に真面目な人であればあるほど
社会にとって都合の良い存在に成り下がってしまってい
不幸になってしまっている現実。

詐欺まがいの会社、
社長のわがままで社員が泣いている会社、
都合の悪いことばかり部下にヤラせる上司、
セクハラやパワハラが横行している会社、

転職を繰り返すことは情けないことでしたが、
その御蔭で様々な悪い面を見ることが出来たのも事実です。

その全てを救うことは出来ませんが、
せめてお金に関する不安を解消させられることは
僕になら可能だと思っています。

もし、今あなたがお金に悩み、
夢や希望を失いかけているのであれば、
僕を頼ってみませんか。

僕が身に付けた仕組みが、
少しでもあなたのお役に立てればという願いを込め、
このブログを立ち上げました。

『すぐに50万円とか、100万円稼げる!』
という内容ではありませんが、きちんと学んで頂ければ、
10万円程度なら3ヶ月もあれば余裕で達成出来るはずです。

そして、そこまで稼げるようになれば、
その後は身に付けた作業を繰り返していくだけになるので、
会社の給料程度はあっという間に越してしまうことでしょう。

ただし、1点だけ注意してほしいことがあります。

『ネットビジネスはラクに稼げる』
という言葉が横行していることもあり、

【ラク=簡単】

と認識されている方が非常に多いです。

もちろん、これは間違いではありませんが、
正しくは

【正しいノウハウをしっかりと学び、日々きちんと実践をしていれば】

という言葉が隠れています。
そこを絶対に忘れないでください。

今回は、長々としたプロフィールであるにも関わらず、
最後までお読み頂き本当にありがとうございます。

僕は、あなたが費やして頂いたその時間を
決して無駄にさせない自信があります。

僕を信じあなたの人生を明るくさせるお手伝いをさせて下さい。
そして、『幸せな生活を送れるようになりました』と報告して下さい。

そして、次はあなたが僕同様に、
苦しむ人を助けてあげて下さい。

そんな輪を広げていきたいんです。

10人、20人と広まったところで、
どこかで集まって豪華なバーベキュー大会なんて
楽しそうじゃないですか。

会社や人間関係などの不平不満をつまみに
飲む鬱憤晴らしのお酒なんかじゃなく、
将来の夢やビジネスの展望などの
楽しい時間と共に飲むオイシイお酒、良くないですか?

ちなみに僕はどちらかというと下戸なのですが、
そこは一旦置いといて・・・。(笑)

もし、この考えに共感頂けるのであれば、
是非お付き合い下さい。

本当に最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

牧野真士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です